top of page
Her poem was written in fragments. She keeps notes of things that happen to herself or that she thinks of as she is going about her daily tasks. Thematically, it represents her transition into the culture of New York and the difficulties of being young and new to a city like this. Everything small feels big and everything big feels bigger.  レイリーはアメリカ・シアトル出身の学生兼ライターである。彼女の詩の特徴は作品が断片的に書かれていることだ。日頃から日常生活においての自身の出来事や学生兼ライターとしての毎日の仕事に対する考えをノートにメモしている。詩が断片的である理由は、そのメモから切り取った文章をいくつか繋ぎ合わせて一つの作品を作り上げるからである。彼女がシアトルからニューヨークへ拠点を移したこと、若さ故の悩みや新しい環境での困難、全ての小さいものが大きく感じ、大きいものがさらに大きく感じるということを作品のテーマとして表現する。 Reilly Davidson
bottom of page